嵐山の家House in Arashiyama

作品一覧

敷地は京都盆地の西の端、西山連峰の山裾に位置している。敷地内には約5mの高低差があり、上の段からは京都盆地を一望に見下ろすことができた。そこで擁壁を兼ねた基礎で5mの高さまで建物を上げ、眺望を活かす設計とした。1階は最も眺めの良いところにダイニングを置き、中央に玄関と台所をはさんで山側の落ち着いた場所に、浴室と寝室を配置している。2階は景色の良い東側を趣味室とし、山が見える側を和室とした。

Data

所在地
京都府
構造規模
木造2階建て
延床面積
98.42m2・・・
竣工
2016年
施工
三和工務店
掲載誌