ブログWeblog

ブログトップ

S邸(豊橋) 配筋工事

2021.07.08S邸(豊橋)

愛知県の豊橋市でS邸の現場が始まりました。
今回は2世帯住宅で少し大きめなお家になります。

無事に地鎮祭と地盤改良を終え、
配筋工事からご紹介させて頂きます。
構造設計は京都のエス・キューブ・アソシエイツです。
設計だけでなく要所要所で現場監理に来られて共に検査をします。
この日は配筋検査で図面通り正しく施工されているかのチェックです。
凄く丁寧な鉄筋仕事です。
整列した様は壮観です。
基礎の梁を配管が貫通する箇所には既成の補強金物を使っています。
こちらはダイヤレンという製品です。

アンカーボルトはオメガアンカーという製品を要所で使っています。
これは定着長さを短くすることが出来るので、基礎床に干渉せずに施工することが出来ます。
電気の配管や排水の管などは事前に位置を決めて
コンクリートを抜くようなかたちで施工をします。
これによって出来上がった際に配管が表に出てきません。

些細なことの積み重ねですね。



次回はプレカットという木材の加工に関して書かせて頂きます。
どうぞ楽しみにお待ちください。


大島